【THE NORTH FACE】90年代のスノーカルチャーをリメイクしたRAGEシリーズ

ガラクタ市が終わり、エルクは春物の新作入荷ラッシュとなっています。

ご紹介したいものが山ほどあるのですが、ずっと到着を待ちわびていたノースフェイスの新作をご紹介します。

1990年代初頭にカウンターカルチャーとして登場したスノーボード。当時、THE NORTH FACEがスノーボードウエアとして発表したモデルを、現代的なスタイルに落とし込んだ「RAGEシリーズ」

当時の先鋭的で大胆なカラーリングをそのまま落とし込んだ「RAGE レイジ」シリーズ。その看板的アイテムである、ゴアテックス採用のアノラックパーカです。

90年代のスキーヤーたちの服装であるニットセーターやタイトなスパンデックスとは対照的に、独特のカラーコンボからなるブロッキングが当時からの特徴。

素材は最新素材にアップデートされ、表地には70Dの防水透湿性に優れたGORE-TEX PRODUCTSの2層構造を使用。しっかりとした厚みで、厳しい環境のウィンタースポーツにも対応します。

アノラックにはやはりカンガルーポケット。両サイドからアクセスできて、何でもいれちゃいそう。

スタッフ(173cm)着用:Mサイズ

シルエットはゆったり目、スノーボードやスケートボードの使用に向いています。ゆったり目のサイズ感でざっくり着るのも当時のサイジングです。


白黒もいい感じです。

約30年振りの復刻。流行の周期は30年周期といいますが、確かに90年代のカラーリングが流行していますね。ただ流行に流されて着るのと、そのウェアのバックボーンを知って着用するのでは大違い。


真っ白なゲレンデにも、路地裏のストリートにも映える「RAGEシリーズ」。普段はエルクではセレクトしないタイプのアイテムですが、店長中込が「昔こんなのあったな~」としみじみ言うもんで。笑

90年代初頭生まれで、ボードよりもスキー派の綾井がお送りしました!

0コメント

  • 1000 / 1000