【BlackDiamond】年末は寒波襲来!防寒&コスパ最高のグローブ

まもなく2018年も終わりを迎えようとしています。みなさま今年は充実した一年になったでしょうか。

さて年末の山行の準備はできましたか?年末年始は冬山とは言え山に入る登山者が増えて、比較的登りやすい環境にはなりますが、例年正月登山の事故のニュースが入ってきます。

特にこの年末は寒波が襲来する予報になっています。防寒対策をしっかりとして、厳しい冬山に備えましょう!

BlackDiamond ソロイスト

ブラックダイヤモンドの定番厳冬期用グローブの「ソロイスト」。昨年は1月に在庫切れになってしまい、厳冬期後半にお求めになりたいお客様にお渡しできない状態に…。

人気の要因はなんといっても圧倒的な保温性。

着脱できるリムーバブルインナーはもこもこ!このインナーに防水透湿素材BDRYを採用。手の甲やパーム部分にプリマロフトゴールドインサレーションという濡れに強い中綿を使用しています。

そしてブラックダイヤモンドは限界使用温度域と快適使用温度域が記載されています。これは購入するうえで一番わかりやすい目安になります。

ソロイストの場合は限界使用温度域が「-26℃」、快適使用温度域は「-9℃」になります。実際の使用した感想としては、-9℃の樹林帯などで無風の環境なら行動中は暑いくらい。


インナーグローブは着脱できるため、もうひとつ違う薄めのインナーグローブを持ち歩くことをお勧めします。組み合わせで様々な環境に対応できるからです。

樹林帯のハイクアップなどではソロイストは暑いので、薄手のインナーグローブ単体やその上にソロイストのアウターグローブを装着するとちょうど良かったりします。


これだけの保温力がある反面、操作性は必ずしもいいとはいえません。とはいってもこのインナーの厚みで操作性が良いものは、一体型グローブ(インナーグローブが着脱できない仕組みのモノ)でもあまりありません。

しかし「ピッケルを握る」「カメラのシャッターボタンを押す」「ジャケットやザックのプルタブを掴んで開ける」といった作業は余裕で大丈夫です。ロープワークも想定していますしね。最初は慣れないでしょうが、こればっかりは練習あるのみ!

冬のアルパインクライミングでの使用も想定しているので、耐久性も優れています。ゴートレザー(山羊皮)製のパームやケブラー繊維でのステッチ補強。

リストストラップでフィット感を高め、ドローコードカフクロージャーで雪の侵入を防ぎます。

BlackDiamond ソロイスト フィンガー

さらに保温性を高めたのがこちらのソロイストの3本指タイプです。手先の冷えの感じ方は人それぞれ、末端冷え症の方にはこちらもおすすめします。

3本指の場合は、中指~小指のスペースに小型のカイロを忍ばせる事ができます。冷え性の人でもここまですればかなり安心ですね。

ミトンタイプに比べ操作性にも優れるのもポイント。ピッケルの握りやすさが全然違いますよ。


とにかくこの値段でこのクオリティは本当にコストパフォーマンス最高です!冬期用グローブのスタンダード「ソロイスト&ソロイストフィンガー」、初めてのグローブをお求めの方や今使ってるグローブの保温力が心もとない方にはオススメですよ!

厳冬の年末寒波…しっかり手先・足先の保温を心掛けて、凍傷にならないように気を付けて山には行ってくださいね~。

0コメント

  • 1000 / 1000