【patagonia】スノーシリーズから新作アウター登場

「今年は山スキーに挑戦」、スタッフ綾井は今年こそは憧れ続けている山スキーの世界へ挑戦するべく、最近はもっぱらスキーギア&ウェアを調べています(調べるだけで終わりそう…)。

パタゴニアから今年登場したスノージャケットは、そんな綾井の購買欲をそそる多用途に使えるアウターです。

patagonia デパーター・ジャケット

シンプルなデザインながらゴアテックスを使用しプロテクションも万全のデパータージャケット

2通りの方法で調整可能なフードはヘルメットの着用に対応し、内側の襟により肌触りが快適で、ラミネートしたつばを備え悪天候下でも視界を確保。フードと裾のコードロックはすばやい調節が可能です。

余分な熱をすばやく逃すピットジッパー付き。ハイクアップ時のオーバーヒートも防ぎます。

調節可能なパウダースカート付きで、深雪をライドしても雪の侵入を防ぎます。

内側にゴーグルや手袋の収納に便利なポケットが1つ、ジッパー式ポケットが1つ付いています。

RECCO雪崩救助反射板(リフレクター)を内蔵しています。

ハイエンドモデルと比べれば、軽さや透湿性では劣るでしょう。しかしハードなバックカントリースキーなどをしないライトなスキーユーザーには十分な性能です。

こちらのデパータージャケット、スキーだけでなくシンプルでスリムなデザインで普段の冬のアウターとしてもきまります。

おすすめカラーこちらのは「Sediment(SEMT)」。このカラーのみ裏地がアロハ柄になっていて遊び心もありますよね。

アロハ柄の中に小さく「NO DAMS」というメッセージ。パタゴニアの環境への思想が表れています。

(スタッフ173cm:着用サイズS)

身体のラインに自然にフィットし、防水ジャケットながらしなやかで動きやすいつくりです。スーツの上からにもきれいなシルエットになります。

パタゴニアのスノージャケットのラインナップで唯一のP-6ロゴを採用。P-6ロゴはパタゴニアの代表的なロゴマークです。印字ロゴよりこちらのほうが愛着がわきますね。

スキーシーンからタウンユースまで、どうせ買うなら毎日使えるデザインを。この冬のエルクいちおしアウターです!

0コメント

  • 1000 / 1000