【夜叉神峠】ちょっとのお山歩で見れる大パノラマ!冬のお気楽ハイキング

先日の休みはスタッフ綾井&吉田で、夜叉神峠へのハイキングを楽しんできました。

目的はず~と行きたかったフィールドでの商品撮影。

僕たち宣伝班(スタッフ綾井&吉田)は、SNSやホームページで使用する写真は

お客様にイメージしやすいように、基本的にはフィールドで撮影したいんですよね。

さらに実際に使用することによって、その使用感をこういったブログや店頭でお伝えするのが一番だと思っています。

扱っている全ての商品はさすがに使えていませんが、、


というわけで向かったわけですが、前日には先輩である綾井が

「早起きが嫌だ~」

「山よりサウナ行きたい」

などと駄々をこねる始末でしたが

いつものパターンで、山に入れば来てよかったと大満足の山行&撮影会になりました!


目的地の夜叉神峠の登山口は、その名の通り夜叉神峠駐車場です。

昨年はここから先の北岳が夏シーズンも閉山となっていたので

ちょうど一年前の北岳冬山登山以来の夜叉神峠になります。

懐かしさを噛み締めつつ、登山を開始します。

登山口にはさっそく休憩所がありまして、

もう座ってお茶したいと駄々をこねたいところでしたが

後輩に怒られるのが嫌だったので黙ってスルー。

登ればすぐに登山道上に雪が現れます。

傾斜もそこまで急ではないので、夜叉神峠へはチェーンスパイクがあれば問題なし

日の光がとても気持ちよく、動いていれば全く寒くない天気でした。

もうまもなく春ですね~。

雪が付いてたので、少しトレイルから外れて雪を踏み鳴らしながら歩いたりも

雪の音や冷たさが、とても心地よく癒されました。


登山口から夜叉神峠までは登りでコースタイム約一時間くらいでしょうか。

道は明瞭で道標もあるので、初めての方でも道迷いの心配はないですね。


あっという間に絶景が広がる夜叉神峠へ到着。

北岳、間ノ岳、農鳥岳の白峰三山が目の前に広がります。

今年の夏は行けるといいな~。

初めてきたヨッシーと一緒に撮影会が始まります。

夏山シーズンも待ち遠しいのですが、雪が付いた山の美しさもまた格別です。

山に登っているとコーラが飲みたくなる不思議

下山した後のコーラが最高なんですが、山登っているときからコーラを飲めばいいじゃんと気づいたのは2年前。

カロリーと清涼感は最強の山専ドリンクではないでしょうか。


早速お得意のハンモックタイム

ハンモックで揺られながら休憩するのが至高の時間。

この時期でも晴れていれば、昼寝ができるくらい気持ちよく過ごすことができますね。

山に持っていくセットとしてはもう定番のENOのハンモックセット。

Sub6ハンモックHelios Suspention Systemの組み合わせで約320g。

山に持っていくのには十分な軽さになります。

ご飯は今回初使用になるユニフレームの「スチームクッカー KOLME」をテスト。

KOLMEでご飯とみそ汁と缶詰を同時に調理!

画期的なクッカーなんですが雪山での調理は説明書通りにいかず、お米がべちゃべちゃに(笑)

これについては後日詳しい解説記事をあげる予定です!

お昼ご飯と撮影が終われば、そそくさと下山開始。

サウナに早く行くために早く切り上げました(笑)

しかし夜叉神峠は半日もかからず気楽に登れるいい場所です。

夜叉神峠から南に続く尾根を「南アルプスフロントトレイル」と名付けて、現在登山道整備が進められています。

雪が融ければこちらも歩いてみようと思います。

今回はゆる~いフィールドレポートをお送りしました。

ガシガシ登りたい気分のときもあれば、ゆるハイクをしたいときもある。

ゆるい登山コースもいろいろとご紹介できますので、知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000