【Snugpak】圧倒的コスパ!スナッグパックの夏から真冬まで使えるオールシーズン対応シュラフ【ベースキャンプスリーピングシステム】

最近はすっかり温かくなったと思えば、朝晩の冷え込みは真冬並み

花粉が舞ってきたなと思えば、富士山がまた真っ白になったりと

登山やキャンプでのウェアやギアの選択が難しい時期になってきましたね。


特に寝袋の選択が難しいと感じることもあるでしょう。

ハイスペックな保温性の高いシュラフは、この時期の選択として間違いないのですが…

いかんせん値段も高価なモノばかりになってきます。

またあまりに高い保温性は冬には頼りになるものの、春~秋にはオーバースペックとなり使う機会が少なくなってしまいます。


今回紹介するシュラフは、そんな悩ましい問題を解決してくれる画期的なシュラフになります。

ではいってみましょう!


Snugpak ベースキャンプ スリープシステム

2種類の寝袋(アウターレイヤーインナーレイヤー)が一つになったシュラフになります。

それぞれの寝袋の単独使用と、二つを重ねての使用ができる3in1システムになっています。


デザートタンカラーのアウターレイヤーは単独使用の場合、快適使用温度は3℃

春夏の2シーズンならこれ一つで寝ることが可能ですね。

これは同ブランドで単独販売されている、「ノーチラス スクエア ライトジップ」と同じものになります。


オリーブカラーのインナーレイヤーは単独使用場合、快適使用温度は-2℃

本格的に寒くなってくる晩秋まで、幅広いシーズンで使用することができます。

こちらも同社の「マリナー」というモデルを、封筒型にしたシュラフになっています


そしてアウターレイヤーとインナーレイヤーをジップで連結することによって

快適使用温度が-12℃と、真冬のキャンプにも対応するシュラフになります。


アウターレイヤーのジッパーには、インナーレイヤー接続用のジッパーが下に隠れているので、簡単に接続することができます。

しっかりと固定するので、ずれることなく快適に使用することができますよ。

足元までフルオープンが可能なので、布団のように使用することも可能です。

また暑い季節はフルオープンできると、体温調節がしやすいので便利ですね。


たっぷりのロフト感(ふくらみ)は真冬でも高い保温性をもたらす証でしょう。

中綿にはシリコーン製中空繊維の「Isofibre」保温材を採用。

化繊中綿の特徴として、濡れても保温性が落ちにくく、お家で洗濯が可能です。

お手入れが楽なので、重量をあまり気にしない方には化繊中綿もベターな選択になってきます。

ギア選びも適材適所。登山のテント泊なら間違いなくダウンシュラフを選びますし、車を横付けできるキャンプでは化繊中綿シュラフを選びます。


難点といえばやはり収納性でしょう。

収納サイズは直径30×長さ50、シュラフが二つ入っていると考えたら仕方がないことですが

軽量性を求める方には向いてません。


しかしシュラフ展開サイズは、アウターレイヤー縦220×横80cm・インナーレイヤー縦180×横77cmと、特にアウターレイヤーはゆったりとしたサイズ感になっています。

大柄な男性でも窮屈な思いをしなくて済みますね。


また真冬でなければ、これ一つで二人分のシュラフがまかなえるという考え方もあります。

カップルで使う場合はアウターレイヤーを男性に、インナーレイヤーを女性にという形で

使っていただくのもおすすめです。


ここまでシュラフの機能やスペックを語ってまいりましたが

このシュラフの最大のメリットといえるのはコストパフォーマンスではないでしょうか。

気になる値段は¥13,800(税抜)

オールシーズン使える汎用性、真冬にも対応する高い保温性をもちながら

この価格は破壊的コストパフォーマンスでしょう!


安さの秘密は中国生産にあるといえるでしょう。

スナッグパックはイギリスブランドではありますが、

「ベースキャンプ スリープシステム」などベースキャンプ向けのラインは

コストパフォーマンスに特に優れたラインナップになっています。


中国生産だからといって品質がすごく落ちるという時代でもありませんし

生産地についてはあまり気にせず選んでいただければいいと思います。


寒がりな方、コスパ重視の方、何個もシュラフを持ちたくない方などなど

「このシュラフが欲しい!」と思ったキャンパーさんは多いのではないでしょうか。


当然のことながら人気も高く、このブログを書いてから完売まではそこまで時間はかからないと予想されます。

こちらは店頭販売のみとさせていただきますので、予めご了承くださいませ。



さて新作や話題作はまだまだ目白押しではありますが

登山向けのシュラフについても、今シーズンはいくつかトピックスがあるので

また準備ができ次第お知らせしてまいります!

エルクブログを定期的にチェックしていただけましたら嬉しいです!

0コメント

  • 1000 / 1000