【ゆるキャン△】聖地身延町は食事も観光も温泉も!魅力たっぷりの癒しの町でした 前編【聖地巡礼】

突然ですが山梨には自然豊かで魅力的なスポットや街がたくさんあります。

ブログ筆者のスタッフ綾井は関西出身でありますが、山梨に魅せられて移住してきた一人です。

エルクでは2021年の行動理念の一つに「#山梨を遊び尽くせ」を掲げ

山梨のアウトドアフィールドでのアクティビティを、ジャンル問わず挑戦していく予定です!


エルクについて"老舗の登山用品店"という印象を持たれている方も多いとは思いますが、

代表の柳澤をはじめ、私たちは自然の中で遊ぶことなら基本的になんでも大好きです!

そして地元の山梨県を改めて見つめ直し、アウトドアアクティビティだけではなく山梨の魅力の一つである文化についても発信してまいります!


そんなたいそれた事を冒頭で申し上げましたが、そんな思いで始まった今回の企画が

ゆるキャン△聖地巡礼

「なんで?」と思う方も多いでしょう。


まずゆるキャン△とは何たるかという事からですが…山梨の女子高校生が、キャンプやアウトドア活動を中心に高校生らしくゆるやかな日常を描いた漫画作品になります。


そんなゆるキャン△がアニメ化、そしてドラマ化にいたるほどの大ヒット、ある意味ムーブメントを起こしたといえる作品です。

エルクではドラマの撮影(シーズン1)で使用していただくなどで、有難いことに今までお越しになられなかったお客様も興味を持っていただけました。

ゆるキャン△グッズもなかなかの品揃えとなっております!


話は戻って「なんで聖地巡礼?」というところからですが、それはゆるキャン△に登場する場所がとっても楽しくて魅力的だからです!


ゆるキャン△の主な舞台となるのが山梨県の身延町になります。

身延の顔ともいえる「身延山」は、日蓮宗の総本山である久遠寺があり山号としても呼ばれています。

また古くから湯治場として名高い「下部温泉」や、食分野では名物の「ゆば」「みのぶまんじゅう」などが有名です。


そんな魅力たっぷりの身延の魅力を紹介し、ゆるキャン△にまつわるスポットも一緒に回ろうというのが今回の企画です!

前置きが長くなりましたが、エルク若手スタッフで行ってきたのでぜひご覧くださいませ!↓


まずやってきたのが身延町の玄関口である「身延駅」

はい、寒いけどあまり雪が降らない山梨県なのに、ご覧の通り大雪となりました☃️


しかしエルクスタッフは山が大荒れの日は、むしろ普段あまりすることのない街中観光をしたくなるので全然へーきです(震)

まず訪れたのは身延駅のすぐ近くにある「栄昇堂」さん。

ここはなんといっても身延名物の「みのぶまんじゅう」が名物の和菓子屋さんです。

1個から購入できるので、ちょっとおやつが欲しい時でもうれしいですね。

昼ごはん前でお腹が空いていたので、一人1個ずつ購入させていただきました。

他にも山梨県人なら誰もが食べたことがある「栗せんべい」や、おかき・煎餅など素朴ながらとっても美味しいお菓子を取り扱っております。

最後に栄昇堂の女将さんと記念撮影。また身延に遊びに来た際は寄らしていただきます!ありがとうございました!


さて購入した「みのぶまんじゅう」を片手に、ゆるキャン△さながら川沿いのベンチで食べようとしたところ…

大雪でベンチがびしょ濡れだよーーー!

原作では主人公のなでしこちゃんが、お友達とパクパク食べるシーンが和やかでとても印象的なんですが…

太ももをプルプルさせながら食べるのは全然和やかじゃない🙅‍♂️


そういえばご紹介が遅れました、今回の聖地巡礼の旅をさせていただくスタッフ綾井(写真右)、新人スタッフまるちゃん(写真左)です。あとはカメラマンとしてこちらも新人スタッフのヨッシーでお送りいたします。


さてさすがに空気イスをしながら「みのぶまんじゅう」を食べるのは至難の業なので

栄昇堂さんの軒下でいただきました。

素朴な甘さなので、何個も食べれちゃう美味しさ。

また購入しに行きたい衝動をグッと抑え、次なる目的地へ向かいます!


↓栄昇堂さんのホームページはこちら↓

身延駅から車を10分ほど走らせて、やってきたのは「下部温泉」

ひっそりとした山里の中にある温泉街ですが、古くから湯治場として栄え、名湯100選に選ばれている名湯の地

下部温泉駅から歩いてすぐ、やって来たのは「カフェ&鉄板レストラン藤川」さん。

美味しいステーキが食べられると聞いて、肉食べ盛りの若手スタッフたちは、よだれを堪えながら急ぎ足で入店!🤤

圧倒的存在感!

肉に白飯、それだけなのにこうも美味しい「ステーキ重」をスタッフよっしーはチョイス。(ランチメニュー限定かな?)


お肉が柔らかく、焼き加減もばっちり◎

あっという間に平らげていました。

綾井とまるちゃんはハンバーグをチョイス。

こちらもしっかりとお肉の味が感じられて、絶品のハンバーグでした!

とはいってもステーキの存在が気になるスタッフ綾井。そして最後まで一口も譲らなかった新人よっしー。

彼の芯の強さに、将来のエルクでの大活躍を垣間見た気がしました…🥺


藤川さんではワイン王国山梨が生み出した甲州ワインビーフのステーキや、お肉に合うワインやお酒も豊富にございます。

お得なランチでも、ちょっと贅沢なディナーでも利用したい本格派鉄板焼きレストランでした。皆さんもぜひお立ち寄りください。


↓カフェ&鉄板レストラン 藤川さんについてはこちら↓

続いて向かったのは、身延山の門前町にある「迎賓館 えびす屋」さん。


旅行雑誌の表紙にはまず採用されることはないだろう、綾井の不自然な暖簾上げ姿。

でもこういう事は一度はやってみたかったです(笑)

「迎賓館 えびす屋」は、築90年にもなる旧家をリノベーションした、一日一組限定の貸し旅館になります。

コロナウイルス感染症対策としても、1組限定の貸し旅館に注目が集まってますよね。


今回はスタッフ様のご厚意で、泊まりはしませんが中のご案内をさせていただきました!

昭和初期に建築されたこのお屋敷は、日本の伝統建築だけでなく西洋建築も取り込んだ、当時としても贅を尽くした作りになっています。

さらには当時から残されている、グラスや茶器の数々や

もう作ることができないといわれている「大正ガラス」など、貴重なものはそのまま残してあります。

さらに今活躍をされている山梨のアーティストさんの作品がところどころに散りばめられており、心身ともにリフレッシュできる環境となっています。

綾井「もう聖地巡りやめて、ここに泊まりましょう」

新人二人「ダメです」


先輩の提案を即却下する仕事熱心な新人たちに、これからのエルクの盛り上がりを垣間見た気がしました…🥺


まさに究極の贅沢を味わうことができる「迎賓館 えびす屋」さん。

人生で1度は泊まってみたいと思う憧れのお宿が一つ見つかりました。

↓迎賓館えびす屋さんのホームページはこちら↓


まだまだ続きます聖地巡礼身延町編!

まさかのこの旅が充実し過ぎたために、前編として今回は終わらせていただきます。


次回の後編は更なる癒しとゆるキャン△を求めて、エルク若手スタッフがまだまだ身延町を飛び回りますよ~💨

ぜひお楽しみにお待ちくださいませ!

※誰も興味のないであろう男の入浴シーンもありますよ🙈

0コメント

  • 1000 / 1000