【finetrack】シンプルを極めた軽量アルパインシェル

スノーシューハイキングや雪山登山、アイスクライミングや山スキー…これからの冬のアクティビティを思いっきり遊ぶうえで、装備やウェアは夏以上に大事になってきます。

冬用のアウターウェア(ハードシェル)は冬の過酷なコンディションに対応するべく、様々な機能や最新素材を施されています。しかしハードシェルは高価でオーバースペックになりがち。

今回ご紹介するのは日本の山岳ウェア&ギアメーカーの雄「ファイントラック」の、シンプルで日本の山で本当に使いやすいハードシェルです。一般的な冬山登山から、軽量重視のアルパインクライマーまで幅広く使用できる逸品ですよ。

finetrack エバーブレスバリオジャケット&パンツ

防水ウェアなのに異次元のストレッチ性を誇るエバーブレスシリーズ。そのシリーズからオールシーズン使えるバリオがこの冬リニューアルして登場です。

まず厚みですがジャケットが20デニール、パンツが50デニール。他社の冬用ハードシェルと比べると厚みがかなり抑えられています。発汗が多くレイヤリングの調節がしやすい上半身より、擦れや摩耗からの耐久性を優先したパンツの厚みも秀逸。

ジャケット370g、パンツが400gと冬期用のなかでは最軽量クラスです。気になる値段はジャケット¥35.000(税別)、パンツ¥28.000(税別)と値段も冬期用では軽量クラス!

最高レベルの透湿性を備えるオリジナル防水透湿素材・エバーブレスが行動時のムレを軽減。

さらに運動量が多いときにこもる熱気は、リンクベント(ハンドポケットの上にある換気チャック)を開放することで瞬時に排出できます。結局どんな防水透湿素材よりもガバット換気することが、最も蒸れを放出するのに有効です。

ファイントラックのミッドレイヤーと組み合わせれば、同じ位置にリンクベントがあるので、その効果も最大限に発揮できます。

軽量で蒸れにくいときたら、後は動きやすさ。ここも妥協はありません。脇下の黒い部分がエバーブレスニット素材。ジャケット自体の伸縮性にプラス、さらに伸縮率の高い素材を使っています。腕の運動性を高める脇下マチと立体デザインによって、アイスクライミングなどの動きもストレスフリー。ハードシェルなのにつっぱる感じが一切無いです。

パンツも運動性を高めるため、ヨークからウエスト部(上写真の色が変わっている部分)にエバーブレスニットを配置。足上げも屈む動きもスムーズです。

パンツにはエッジガードがついています。登って滑降する山スキーでの使いやすさも考えられているんです。

左右の腰ポケットだけでなく、パンツも換気できるリンクベントを兼ねた着脱用意なサイドファスナー、これは必須ですね。

(上写真:メンズカラー)

冬はアウターは着続けたまま行動することが多いです。前モデルでは換気用のリンクベントのみだったのが、大型のハンドポケットを付けることで使いやすさも向上しました。

(上写真:レデイースカラー)

冬だけでなくこの軽量性なら残雪期や秋山ももちろん、薄っぺらいレインウェアより耐久性があるので沢登りや藪漕ぎにも活躍しそうです。

サイズは173cmのスタッフでMサイズ着用。中にフリースなどを重ねても余裕のあるサイズ感。
冬の南アルプスや低山などでは樹林帯のハイクアップが多いですよね。ハードシェルはザックの中に入れる場合も多いので、僕はこれくらいが好みですね。

ギアだけでなく、ウェアの世界もミニマム志向が強くなってきました。過剰な重装備は俊敏性を失い、山ではリスクを高めることにつながります。幅広いアクティビティを楽しむ軽量化重視のミニマリストに適したアルパインシェル、この冬のアウターをお考えの方は候補の一つにこちらもいかがでしょうか。

しかし紹介するたびに思いますが、ほんとファイントラック選べば間違いないってくらい信頼性の高いブランドです。ぜひ他のアイテムもエルクでチェックしてみて下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000