【EVERNEW】登山にもキャンプにもこれ1個でOK!相棒的アルミクッカー【Backcountry Almi Pot】

こんにちは。

エルクの裏方担当 吉田です。

普段は店頭よりバックヤードにいることが多く、「あの人やめちゃったのかな」と言われることも多々ありますがちゃんと仕事をしております(笑)

そしてあまりにも好奇心旺盛でギアが大大大好きなこともあり、ブログを書かせてていただくことになりました。

今後も度々出てくることがありますので、宜しくお願いいたします。


さて気候も暖かくなり、登山・キャンプが楽しい季節になってきました。

今回ご紹介したいのが、こちら。

EVERNEW Backcountry Almi Pot ¥4180(税込)


発売から数ヵ月、今も品薄で大人気の本商品。

今回は私が使ってみて感じた 良い所や少し使いづらい部分などをご紹介したいと思います。

エルクで唯一のファストパッキング・UL思考のため、本記事はだいぶそちらに傾いた内容となっております。

Backcountry Almi Potとは

Backcountry Almi Potとは、「ロータス」というメーカーさんのアルミポットを復刻させたものになります。

一言でいえば、1合炊きができて木に吊るせることができるソロクッカーです。

ULハイク界隈で惜しまれつつも生産が終了した商品だったので、この復刻は飛び上がるぐらい嬉しいものでした(笑)


基本スペック


サイズ:径122×深さ67mm

素材:アルミニウム(アルマイト加工) 

質量:140g

満水:650ml

小さくてかわいらしい見た目です。

蓋と取り外し可能なベイルハンドル(弦)、中には三本のメモリとだいぶシンプルです。

下から200mm、400mm、600mで、フリーズドライに使用するときも便利です。

焚火でもガンガン使える様に特殊コーティングはせずにアルマイト加工のみとし、厚みは0.8mm。

経験的に1~1.5合炊きぐらいはいけると思います。


このクッカーの良い所とは

良い所

①小さいのに炊飯から煮込みまで汎用性高し

➁スタッキングのしやすさ

➂容量がソロにちょうどいい

④吊るして豪快な料理を楽しめる

順に解説していきたいと思います。

①小さいのに炊飯から煮込みまで汎用性高し

小さいのにというところがポイントです。

今まで数多くのクッカーが世に出されてきましたが、”小さく”炊飯や料理ができるアルミクッカーってあまりありませんでした。

ソロ用クッカーはいくらでもありますがその大半が縦長・直径が大きいものが多く、UL・ミニマムを追求する人たちにとってはパッキングしづらいのです。

なので、深型シェラカップの取っ手を外したり...と工夫をしていましたが、ほとんどがチタン製。

材質的に料理は不向きなことから、お湯で作る料理がメインになることもしばしば...。

この大きさであれば、10~15Lのザックにも難なく入りますし邪魔にならない。

ファストパッキングや軽量化にもおすすめなのです。

➁スタッキングのしやすさ

私が確認したぴったり重なるもの.

・Ti570cup/EVERNEW

・Ti Storage pot 560/EVERNEW(蓋はつけられず)

・ チタンシェラカップ深型600フォールドハンドル/BELMONT(取っ手を外した状態)

同社のクッカーは重ねられるとは思っていましたが、まさかベルモントのものまで重ねられるとは...と感動したのを覚えております(笑)

チタンを重ねることで「お湯はチタン・料理はアルミ」と材質の特徴にあわせた使用ができ、燃料の節約にもなります。

そして、蓋はフライパンにして使っています。

さらに驚いたのは、SOTOのウインドマスターが入ること。

当店でも人気の商品ではありますが、縦長のためクッカーに入れづらいというデメリットもあります。

もちろん上記チタン鍋をスタッキングをした状態でも、バーナー・カトラリーは余裕で入ります。

残念ながら、110OD缶は入れたまま蓋を閉めることができませんでした。

➂容量がソロにちょうどいい

これは先日山で食べた食事です。

フリーズドライを活用して作ったのですが、すぐご飯が冷めてしまう山頂では一気に作りたいですよね。

フリーズドライ食品(エルク店舗内調べ)の平均湯量をまとめると...

アルファ米:110~175ml

おかず:80~100ml

スープ:160ml

コーヒー:150ml

となり、大体 合計600mlのお湯を一気に沸かす必要があります。

650mlの本クッカーなら余裕で沸かすことができますし、スタッキングしたチタンシェラカップ深型600フォールドハンドルもぎりぎり600ml沸かすことができます。

軽量化のためにはチタンシェラカップを削ってもいいですし、ケースバイケースだと思います。

④吊るして豪快な料理を楽しめる

一度はやりたい吊るし鍋スタイル。

豪快な炎で炊くご飯は最高です。

本商品はシリコンカバーなど溶けてしまう樹脂部品を使っていないので、心置きなく焚き火料理を楽しめます。

また蓋はくぼんでいて、石などの重しやアツアツの炭などを乗せやすくなっています。

ベイルハンドル(弦)は曲げ加工されていて自立するので安心感があり、うっかりこぼしちゃったなんてことにはなりません。(私はトランギア 1.0ℓビリーコッヘルで経験あり笑)

蓋にはつまみがあり、焚き火の上でも安全に蓋を外すことができます。

このつまみは硬めで動きづらいので、なかなか引っかからないというストレスがありません。

割りばしからスプーンの柄、細めの薪ばさみやオピネルの№6.7などは入るかと。

火力が簡単に調整しにくい焚き火の上では、こういったちょっとした工夫が大切だと感じます。

煤だらけになっても掃除してまた使って...と使うたびに自分だけのクッカーになっていく様はとても男心がくすぐられます。

私の場合はアルミ製品をスチールウールで磨いてしまうのですが、その傷ついた感じがたまらなく好きです。


使えるけど..ちょっと注意点

①ベイルハンドル(弦)を持ったままご飯は食べづらい。

持った状態だとゆらゆらしてしまい食べづらいです。

煤だらけ&アツアツになったクッカーを持ちながら食べるのは、なかなか困難ですよね。

私の場合、山では手ぬぐいを、キャンプではハンドルを使っています。

➁なんだかんだ重い

BackcountryAlmiPotは単体で130g

チタンシェラカップを合わせたりすると、200gほどになります。

200g以下でバーナー込みのクッカーセットを作ることが容易になった昨今において、超軽量ではありません。

➂インスタント麺やレトルト食品の湯煎に少々困る

インスタント麺などは割らないと入りません。(日清のカップラーメンなどは入ります)

レトルトカレーなどは全部浸らないので、少しづつお湯をかけたり回しながら温める必要があります。


終わりに

いかがだったでしょうか。

最後にデメリットを書いてしまいましたが、山でもキャンプでも旅のようなロングハイクでも...ここまでコンパクトで万能で幅広い調理ができるクッカーはなかなかないと考えると、重さ以上に価値はあると思います。

きっとあなたの相棒になってくれるクッカー
一緒に色々な場所へ出掛けてみるのはいかがでしょうか。

入荷情報は当店のInstagram・Twitterで告知しております。

是非フォローのほどよろしくお願いいたします。




OUTING PRODUCTS ELK

登山・トレッキング・クライミング・キャンプ・トレイルランニング FOR YOUR OUTDOOR LIFE

0コメント

  • 1000 / 1000