【THE NORTH FACE】定番人気のアルパインライトパンツはやっぱり最高!

文化の日の3連休は久しぶりに気持ちの良い秋晴れが続き、夏に思うように登山ができなかった方もいい登山ができたのではないでしょうか。この季節の移行期に悩ましいのが「どんなパンツを穿いていこう」問題。上半身は暑くなれば脱いで、寒くなれば着ればいいのですが、パンツはそういうわけにはいかないですよね。この季節の移行期から冬まで、また春の残雪期から夏の高山の縦走まで…適度な厚みと通気性を備えるノースフェイスのこのパンツがあれば悩みは減るかもしれません。

THE NORTH FACE アルパインライトパンツ(上写真:メンズカラー)

このパンツは山岳ガイドから一般登山者、さらに普段使いでも愛用され続ける定番中の定番パンツ。長年いろいろなメーカーから新作パンツが出てきていますが、アルパインライトパンツの人気は衰えを知りません。人気の秘密をこれから解説していきます!


ーオールシーズンパンツ

(上写真:レディースカラー)

冒頭にも触れたように、このパンツは使い方次第では春夏秋冬のどの季節にも履いていただけるパンツです。厚過ぎず薄すぎず、適度な厚みのソフトシェル素材となっています。冬でも保温性のあるタイツとオーバーパンツとを組み合わせれば、冬の高山でも使用することが可能です。

(裏地は起毛などのない程よい厚み)

冬山登山では行く山域によってウェアの選択が大いに変わります。日本海側のように湿った深雪のエリアであれば、結局オーバーパンツを穿きっぱなしになります。一方で山梨のように冬は晴天率が高く、高い山でも深雪を踏むことが無ければ、動きやすいソフトシェルパンツが一番使いやすいです。

春や秋も天気や気温を見極めて。薄手のタイツやレインパンツを合わせればちょうどいい。夏は高山を縦走する時にちょうどいい保温性と通気性になっています。


ースリムなシルエットとストレッチ性

アルパインライトパンツはスリムなシルエットのパンツです。しかし立体的なパターンと豊かなストレッチ性を併せ持ち、足上げも超軽快です。初めて穿いたお客様はこのストレッチ性に必ず感動しています


膝から足先にかけて足さばきの良いテーパード形状となっています。歩行の際にだぼつくことが無く、ストレスなく歩くことが可能です。


ー使うシーンを選ばない仕様


アルパインライトパンツの特徴としては、季節だけでなくトレッキングから登山まで使うシーンを選ばない汎用性のあるパンツという点も挙げられます。

ウエストの調整は紐で縛るシンプルなデザイン。これはバックルを設けないことによって、すっきりした腰周りとなり、クライミングなどでハーネス使用する際も邪魔にならないようなデザインとなっています。バックルタイプよりスッキリとしたデザインに見えるので、個人的にも気に入っているポイントです。

フロントファスナーはこちらもハーネスを考慮したダブルスライダー仕様。ハンドポケットにもちゃんとジッパーが付けられているので、ポケットから物を落とす心配もありません。

173cm Mサイズ着用

シンプルながら快適に動ける細かな工夫がちりばめられたパンツといえるでしょう。なんといっても穿いたときに見えるすらっとした美しいシルエットが素晴らしい。カジュアル使いでも人気なのも頷けます。

こちらは毎年入荷していますが、メンズ・レディース共にこの時期によく売れるアイテムです。特にブラックは人気で、入荷がすぐになくなるカラーになります。気になる方はお早めにお買い求めくださいませ!

0コメント

  • 1000 / 1000