【patagonia】名作フーディニジャケットに仲間が増えました


"羽のように軽い"

超コンパクトに収納が可能で、風が強い時や少し寒い時に羽織ると軽くて頼りになるパタゴニアの名作ジャケット「フーディニジャケット」。

2019年の春からそのフーディニジャケットから、新たに2種類の仲間が増えました。

よりストイックに追い込みたいフーディニジャケットの進化形「フーディニ・エア・ジャケット」。

街でもトレイルでもよりラフに着こなしたい「フーディニ・スナップT・プルオーバー」。

さっそく新登場したこの二つをご紹介いたします!

フーディニ・エア・ジャケット

初めから特徴を言うと、フーディニジャケットより蒸れないのが特徴のフーディニエアジャケット。

重量はフーディニジャケットが105g(メンズサイズ)なのに対し、フーディニエアは116gと微増。それでも十分に軽いジャケットです。

素材の違いが蒸れの軽減を実現しました。フーディニジャケットが100%ナイロンに対し、エアジャケットはダブル織りのナイロン90%/ポリエステル10%の混紡素材です。

ポリエステルを配合することにより汗をかいても肌離れが良く、通気性も増しています。質感のある内側がさらっとしていて、長時間トレイルランニングをしていてもより快適に過ごせます。

フーディニエアも変わらず外側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能。ランニングベストに収納しても邪魔にならない小ささです。

ポリエステルが入っていますが、DWR(耐久性撥水)加工済みのため急な悪天候にも対応します。フードのフィット感も良好です。

同じくパタゴニアのキャプリーン・クール・トレイルシャツ(旧ナイントレイルズシャツ)のような、速乾性のベースレイヤーとの相性は抜群です。

モデル:173cm 着用サイズ:S

スリムフィットで体に自然にフィットし、風によるばたつきも少ないです。

まだ寒暖の差が激しい春のトレイルランニング、春~秋の登山でのソフトシェルジャケットとして快適で汎用性の高いジャケットです。

フーディニ・スナップT・プルオーバー

羽のように軽い特徴はそのまま、重量113gと着ているのを忘れてしまうほどの軽量プルオーバー。

パタゴニアらしいクラシックなスナップTのスタイルで、トレイルだけでなく旅行や街着として多用途に使いやすい一着です。

フロント中央のスナップ留めはコンディションにあわせてすばやく熱を逃したり、首までしっかり閉じることが可能。フラップ留めは個人的に好きなポイントです。

フーディニジャケットがチェストポケットひとつに対して、このスナップTプルオーバーはジッパー付きハンドポケットが二つと左胸にフラップ付きのスナップ留めポケットが1つ。これは嬉しいポイントで、軽さを犠牲にせずポケットが追加されたことにより、よりアウターとして着用しやすくなりました。

左のハンドポケットの中の隠しジッパー式ポケットに本体を収納可能です。これも元祖フーディニジャケット並みの小ささに収まります。

モデル:173cm 着用サイズ:S

このラフな感じ、すごくいいです。ゆるく走る時や、街着としても雰囲気はいい感じ。

このスナップTタイプはメンズのみの展開ですが、XXS/XSサイズもセレクトしていますので、女性の方も着用していただけます。


もちろん元祖フーディニジャケットもかわらずラインナップしております。軽量ソフトシェルはフーディニジャケット一択だった方は、自分のスタイルに合わせた新しいフーディニも試してみませんか?


0コメント

  • 1000 / 1000