【NORRONA】最新素材を採用した汗冷え知らずのアクティブジャケット

「最高の技術を追求し、究極のパフォーマンスを発揮する製品を世に送り出す事」をブランド哲学にしているノルウェーの「NORRONA ノローナ」から、今季も注目作がエルクに入荷してきました。

品質だけではなく北欧ブランドということで色づかいやシルエットが美しく、冬に着たくなるウェアブランドです。

NORRONA lyngen Alpha90 Raw Jacket

ベースレイヤーとミッドレイヤーの中間のような存在のリンゲン アルファ90 ロウ ジャケット。

最大の特徴はこのポーラテックアルファ素材。毛足の少し長い化繊インサレーションが、熱を持ちやすい腹部より上に配置されています。ポーラテックアルファはもともとアメリカ特殊部隊のために開発されたインサレーション素材です。

保温性と通気性を両立させていて、そして軽いのがこの素材の特徴です。濡れても保温性が落ちにくいです。

オーバーヒートを避けたいアウトドアスポーツの世界ではポーラテックアルファ素材が注目され、多くのウェアブランドがこの素材を採用したウェアを作っています。

(上写真:レディースカラー)

今回紹介するノローナのウェアは、この素材を採用したウェアの中でもかなり通気性に優れているつくりになっています。冬でも発汗量が多いかたにはぴったりではないでしょうか。

汗の溜まりやすい袖下や腹部には Polartec® Power Dry を使用し、効率的な速乾性と動きやすさを実現しています。

サムホール付きで手の保温にも一役買います。隙間風の侵入を防ぎ、レイヤリングで袖がまくれることもありません。

胸のポケットはスマートフォンが入るくらいの大きさ。

(上写真モデル:173cm、Sサイズ着用)

スリムフィットで体にぴったりフィットするかたち。これからの季節であれば下には薄いシャツをレイヤリングして、この上のウェアを脱ぎ着して調節するのが好ましいですね。

背面はヒップ丈でかがんだりする動きをしても、寒風が肌に当たることがないつくり。


汗抜けが素晴らしいので、冬のトレイルランニングなどの運動量が多い場面でも活躍しますね。冬はベースレイヤーとして、春から秋はミッドレイヤーとしてオールシーズン活躍するこのジャケット。ぜひ店頭にてお確かめください。



0コメント

  • 1000 / 1000