【お久しぶりです】 これからはブログちっくに更新していきます&冬のハンモックについて

お久しぶりです!ウェブ告知・SNS担当のスタッフ綾井です。

そうです、ホームページの記事の更新が久しぶりとなってしまいましたが、一度止めてしまうとなかなか書こうという流れにならず…各SNS更新やYouTubeも始めてしまったものだから、パソコンに向き合って文章を書くのが進みませんでした。

今までは主に登山のフィールドレポートや、注目のアイテムを中心としたアイテム紹介などで更新していましたが、もっとハードルを下げホームページ担当である綾井が、エルクそしてアウトドアにかかわる事象やアイテムについて、ブログ形式で書いていこうと思います。

注目商品や新入荷情報などについては、これからもインスタグラムやフェイスブックでアップしてまいりますので、ぜひそちらをご確認くださいませ。


さて今回の記事はハンモックです。もう夏が終わりすっかり涼しくなった、もとい寒くなってきたのにハンモックの紹介をします。

ここでハンモックの基本的な解説として、ハンモックに寒さは大敵であります。なぜそうかといえば、背面はハンモックを通じてではありますが、空気と接していることとなります。

地面に直接寝るのと同じく、空気に接している背面はどんどん熱を奪われていきます。そもそも熱帯地方で生まれたハンモック、寒さ対策をするより暑さ対策として生まれたんですね。

※BUSHMEN travel gear ホームページより引用

もちろんテント泊同様マットを敷いて"断熱"するわけではありますが、背面の冷えが著しいハンモックでは、一般的にアンダーキルト(ハンモックの下に被せる中綿入りの生地)も併用します。

一気にハードルが上がった感じがしませんか?しかし冬もハンモック泊をするハンモッカーが近年急増中とのこと!

確かに人気キャンプユーチューバーさんも、冬キャンでもハンモック泊していますよね。むむむ、盛り上がっているならエルクとしても黙って見過ごすわけにはいきません。

(上の写真は今年の春、トレラン後に登山口でハンモックを張ったとき)

「今年はハンモックデビューだぁー!」と意気込んでいた綾井も、ついにハンモック泊をする前に冬になってしまいました。実はすでにMyハンモックは購入しているのに、ほとんど使う機会がなかった…。

そこで冬にリベンジということで、これから冬のハンモック泊ギアをいろいろ考察中…そこでいままでエルクでは扱ってこなかったアンダーキルトも入荷予定となります!ぜひお楽しみに!

これだけ前置きをたらたらと書いてきましたが、結局何も紹介しないままで終わり!?というお声が聞こえますね~。ブログ形式で書くということで、ついついダラダラと書いてしまいました。

今回は冬のハンモックアクセサリーではなく、最近入ったばかりのハンモック本体を(少しだけですが)ご紹介します!

Limited Editon DoubleNest® Hammock "Wild Wonders"

当店でも今年一番売れたハンモックがこのeno(イーノ)のダブルネストハンモック。一人でゆったり、二人でも寝ることができる大きさです。それでいて十分軽くてコンパクトなのがこのハンモックの売りといえるでしょう。

そのハンモックの限定プリントモデルがこちらの"Wild Wonders"

こちらはイーノの地元アッシュビルのアーティストAnnie Rikerによってデザインされました。彼女はこのデザインについて

「ハンモックは素晴らしい自然を楽しむこと。 私が大好きな木、花、キャンプ、探検、天体観察、サイクリング、ハイキング、クマ、カメムシ、魚など、様々なものを散りばめてパターンにしました。」 ENO公式ホームページより引用

アウトドアは楽しい!というシンプルな想いが伝わる素晴らしいデザインですね。

他にも新しいプリント柄も入荷しておりますよ~。

DoubleNest® Hammock Prints Lagoon

こちらもきれいな色とデザインで、限定モデルも含めて女性や家族で使うのにもいいですよね。こちらも人気のダブルネストハンモックです。

どちらも同ブランドのストラップを併せてご利用ください。設営が楽だし調節もしやすく、ほかのハンモックを使われる方にも人気のストラップです。


冬のハンモック泊に向けておすすめできるアクセサリーを、只今鋭意調査中のエルクでございます!ご紹介&レビューも近々アップしますので、是非ホームページもチェックしてください!

0コメント

  • 1000 / 1000