レジ袋廃止のお知らせとエコバックご持参のご協力お願い

現在世界中で問題となっているマイクロプラスチック問題。プラスチックゴミにより海洋汚染が異常な拡大を続け、海の生き物たちに深刻な被害を与えています。世界を見渡せば、レジ袋の廃止やストローの使用禁止など国を挙げてこの問題に取り組むところもございます。日本でも環境意識の高い個々の企業や小売店で、そういった動きも増えてきました。エルクでも取り扱っているアメリカのアウトドアウェアブランド「パタゴニア」は、商売を通して環境保護を積極的に行っています。

エルクは登山・アウトドア用品店、自然を相手に商売をさせていただいております。プラスチック問題だけでなく、近年の気候変動についても歯がゆい思いがございます。


当店は今までお袋をご希望するお客様には、極力仕入れた商品を入れていたビニール袋をリユースしてお渡ししていました。しかし僭越ながらお客様にも環境意識を持っていただきたい、そういった思いで2020年からの「レジ袋の廃止」へと踏み切りました。

当店にお越しのお客様のほとんどがお車でお越しになります。袋を必要としない場面が多いはずです。複数の商品をお買い上げいただく場合は、エコバッグをお持ちくださいませ。レジにてお客様にエコバッグのお持ち込みを積極的にお声がけさせていただきます。大変勝手ながらこの取り組みにご理解・ご協力をお願い申し上げます。

どうしてもお袋をご希望されるお客様には、有料でレジ袋・紙袋をご用意しています。これは有料での利用を推進するわけではなく、エコバッグをご持参いただけるように意識付けをさせていただくということです。プレゼント包装に関しては3,000円以上ご購入のお客様に、無料でさせていただきます。

さらにお客様が不要とされた靴箱や、商品の仕入れで発生する段ボール箱をレジ付近にご用意しています。こちらはご購入されたお客様はご自由にお使いくださいませ。


エルクの商売がすべて環境負荷がないとは、まだまだ胸を張って言うことはできません。しかしできることから始めていきます。間もなく2020年を迎えますが、未来の子供たちに僕たちが見てきた美しい自然の姿を見せることができるように。改めてお客様にもご協力をお願い申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000