【KAENON】登山・クライミングにおすすめの『SUMMIT DIVISION』が新登場

-KAENONについて

昨年から大好評をいただいている偏光サングラスブランド「KAENON(ケーノン)」。

カリフォルニア生まれのこのサングラスブランドは、セーリング競技のために開発されました。そこから海で遊ぶサーファーや船乗りたちから厚い支持を受けました。

しかしその高品質さは登山などのアウトドアスポーツでも、もちろん車の運転など日常使いでも、快適に過ごす事ができる優れもの。

そもそもサングラスは紫外線や眩しい太陽光をカットするためだけでなく、隙間から入る風やごみなどから守ってくれます。

あるとないとでは大違いなサングラス。そしてKAENONのサングラスをお勧めする理由は「圧倒的なクリアさ」。

KAENONの偏光サングラスは、光の乱反射を防ぐことは勿論、目に負担なくクリアにモノを見せてくれます。

高レベルの光学性能、耐久性を兼備し、撥水性や反射防止コーティングを施した偏光レンズ「SR-91」がその役割を担っています。これは全てケーノンのオリジナルレンズです。


(一枚目 柳澤:ハードコア ウルトラブルー 二枚目 綾井:クラーク ウルトラブルー)

スタッフ綾井やエルク社長柳沢が着用しているのはケーノンの「SR-91 ウルトラレンズ」。コントラストがより強くクリアな視界を確保する、いわばケーノンの最高峰レンズ。

雪のある時期は特に必須アイテムになりますね。スキー場でハイクアップなしの滑走だけならばゴーグルだけでいいですが、どうしても雪山登山やハイクアップのある山スキーではもっていきたいところ。

ー待望の新作「SUMMIT DIVISION」

そのウルトラレンズから、さらにクリアで自然な視界の「サミットディビジョン SR-91 ウルトラブラックミラー」が新登場です。 

(上写真:クラーク サミットエディション)

エルクでは「クラーク」と「バーネットミッド」のサミットディビジョンをセレクト。クラシックなデザインのクラークは、エルクでは一番人気です。

(上写真:バーネットミッド サミットディビジョン)

選ぶ際はそれぞれのモデルのフィット感があるので、ぜひ店頭にてご確認くださいませ。

さて「サミット」と銘打たれたこの新作は、その名の通りクライミングや登山での使用を想定されています。

クライマーが岩壁にある些細なおうとつを見落とさない、ハイコントラストで対象の陰影や輪郭がはっきりと浮かび上がります。

サミットディビジョンは「GLACIER BLACK」というフレームカラーを統一して採用しています。シックなブラックフレームに、ハンドペイントのような白線が特徴。

いままでのウルトラレンズもその点ではかなり満足できるクオリティですが、サミットのブラックミラーのほうがより自然な色で見ることが可能です。

この時期のスノースポーツや雪山登山でも。雪面のぼこぼこをしっかりと捉える事ができるでしょう。



他にも人気モデルのクラークやハードコアも再入荷しています

樹林帯、急登の多さ・快晴率の高さなどが特徴の、山梨の冬の一般登山でも、ケーノンサングラスがかなりおすすめ!

ぜひエルクにてお試しください!

 


⇓参考ムービー(英語、字幕なし)⇓

0コメント

  • 1000 / 1000