【finetrack】新しくなったアクティブフリースは秋山の最適解

続々とアウトドアメーカーから新作が発表される中、秋~冬の日本の山で使いやすいファイントラックのフリースがリニューアルされました。

ドラウトクロージャケット(上:メンズ、下:レディースモデル)

程よい保温性を備えたこのドラウトクロージャケットは、一見すると薄手のジャケットですが結局はこれぐらいが使いやすいだよな~とうなる名品です。

パタゴニアでいえばR1相当の保温性です。裏面が起毛素材になっているのですが、ここがポイントです。

毛足の長いフリース地だとなかなか乾きにくいという欠点がありますよね。

(上図:ファイントラック公式HP引用)

新ドラウトクローシリーズは表層と起毛糸を完全に分離させた構造で、素早く吸い上げた水分を即座にベース層に移行させて拡散・蒸発させる、これまでにない優れた汗処理機能を実現させています。

秋冬の気温が低い山での登山でも汗はかくもの。ベースレイヤー(一枚目)の上から積極的に汗を吸い上げ発散させます。

そしてファイントラックといえばやはりこれ。衣服内の蒸れを一気に解放できるリンクベント。まさに圧倒的換気能力。結局チャックを開けて喚起するのが一番効率がいいです。

これによって過剰な発熱による急激な発汗を抑え、最適な保温と通気のバランスを備えています。

ハンドポケットとチェストポケットも備えています。

サイズ感は日本のメーカーなので、多くの方にフィットするのではないでしょうか。ただMサイズを着用している173cmのモデルが、痩せ型&腕が長いため身幅で合わせると少し袖丈が短め(T . T)


これから寒い時期だからこそ、汗のかきすぎによる汗冷えには本当に気を付けましょう。

夏山までは保温着はダウン一枚で済む場合が多いですよね。これからは行動中の保温着(フリース・アクティブインサレーション)と停滞中の保温着(ダウン・中綿)のふたつを持って行けば、寒い思いをせず快適に登山ができますよ。

これからの秋山&冬の低山や、冬でもアクティブに動き続ける方にうってつけのフリースジャケット。「海外ブランドの袖が長いんだよ!」とお怒りの方にもぜひ!

0コメント

  • 1000 / 1000