【2018/08/31 豆焼沢】 沢登り

おはようございます☀
スタッフ深澤です。
先週の金曜日、平成最後の夏。
8月31日は知り合いの方と3人で
沢登りに行ってきました。
マルマル一日15時間行動。
スタートは秩父にある「出会いの丘」
これからどんな出会いがあるのか
ワクワクと言った感じです。
ススキを掻き分け、
懸垂下降の練習に始まり、
堤防から入渓します。
わざわざ、懸垂下降しなくても
すぐ下から入渓出来たのですが
少し斜度を上げて練習したかったので
ココから懸垂下降。
初めは小さな滝の連続。
初めからどっぷり水に浸かっていく
私に2人は驚いていましたが。
徐々に慣れて行って、
1時間後には滝業するまでになっていました。
豆焼沢は中級者向けの沢で
楽しく登りやすい滝が多かったです。
私自身ココの沢は初めてで
最初から最後まで
探り探り進んでいきました。
途中にはこんな魅力な滝がいくつも。
この滝は流石に高巻き😅
優しそうな登れそうな滝は
積極的に登り、
登れなさそうな凶悪な滝は
(この滝はラスボスと
3人で言っていました。)
積極的に高巻きして行きました。

最終的にはもうエスケープして下山しよう。
と言うことになり笹藪を読図しながら進み。
登山道に出て山小屋に着いた時は
一安心。逞しい人生の先輩方は
余裕の1枚を撮らせて頂けるほど
パワフルなお二方でした。
ココから8kmの登山道を3時間かけて下り
下山したのは21時前。
私の無茶な計画に最後まで
付いてきてくれたお二方には
感謝で頭が上がりません。
ありがとうございました😊
今回もSTATICBLOOM社さんからお借りしたCRUX の「AK47」を使用しての山行でした。
完全防水と言う強みを存分に発揮してくれ
浸水をものともしない心強い相棒となってくれました。ありがとうござます!

0コメント

  • 1000 / 1000