【サコッシュいろいろ】エルクセレクトのサコッシュを紹介します!

最近のサコッシュブームの流れを受けて、アウトドアメーカーから数多くのサコッシュがリリースされています。ハイカーのみならず普段づかいにもず~と使っていたいアイテム。

エルクセレクトのサコッシュをそれぞれ比べてみました。街でも使用したいアイテムですが、山で使うことを想定して検証してみます。

まずはトレイルランニングからクライミングまで幅広くマウンテンスポーツウェア&ギアを取り扱うマウンテンハードウェアの『アフターシックスサコッシュ』。

Mountain Hardware アフターシックスサコッシュ ¥3.900+tax

黒で統一されたソリッドでスタイリッシュなデザイン。強度の高いX-Pacを採用し、岩場でこすれても破れる心配はありません。

ストラップと本体の接続部はカラビナで繋いでいます。これがとっても便利なポイント。ストラップを外してバッグインバッグとして使用したり、ザックのショルダーベルトに装着できサブパックとしても使用できるデザインとなっています。

このスタイルなら少し重い荷物を入れてもリュックに荷重が分散されるので、楽に歩くことができますね。

背面は地図などを入れるのに便利な仕切りなしのメッシュポケット。

メインポケットのチャックは止水ジッパーで防水性を上げています。サコッシュに財布などを入れる場合には防水性も欲しいところですよね。

メインポケットの中は仕切りあり。

カタチは少し小ぶり。サコッシュの中に多くの荷物を入れない場合はとても使いやすいです。


次は超軽量タイプの『ターグ サコッシュ#1』です。重量は最軽量の23g!TERG(ターグ)はキャンピングチェアで人気のHelinox社から生まれたバックパックブランドです。やや縦長のデザインですね。

TERG サコッシュ#1 マルチカモ ¥3.800+tax

長さの調節ができるネックストラップが付いています。

前面についてあるポケットは、仕切りが斜めに交差して二つの部屋がつくられています。

メインポケットは小さなポケットだけが付いたシンプルな構造。このポケットに小さく収納して持ち運ぶことが可能です。

アタックザックを持って行く山行に応用できます。またテントを設営した後に、うろうろ散歩する時にもいいですね。

生地はとても軽量で薄いナイロン、中がうっすら透けて見えます。生地が強くはないので、あまり重い荷物はいれたくないかな~というところ。

サコッシュを収納して運びたい場合は、軽量性・収納性で群を抜くこちらオススメ。しかしサコッシュによっていろいろ性格がでますね~。

そして山屋が使いそうな硬派なサコッシュがこちら『ヘリテイジ ヤマサコッシュ』。ヘリテージはエスパースなどの山岳テントや、クロスオーバードームといったウルトラライトギアも定評がある安曇野の山岳用品ブランドです。

HERITAGE ヤマサコッシュ(スパンライクナイロン) ¥3.700+税

高機能軽量レインウエアに使用する極薄の防水透湿素材を使用しています。(※完全防水ではありません)

まずは地図ポケットに注目です。登山地図の山と高原地図がピッタリ入る前面のポケットを備えています。ヤマサコッシュという名前が付けられているだけあって、一般登山者の使い勝手を考えていますね。

出し入れ口はドットボタンで留めて折り返す仕様になっていて、片手でも収納物の出し入れが可能です。中はいたってシンプルで、ボディー側に仕切りポケットと20cmのコードが付いたキーホルダーを装備しています。

ショルダーストラップは幅広で、いろいろ荷物を入れても肩が痛くなりにくいデザイン。

メインポケット部分はジッパーレス。出し入れをすぐにしたい!という方にはいいんではないでしょうか。小物入れサイズのジッパー付きポケットもあるので、小分けがしやすいのも◎

こちらは以前エルクのインスタグラムでも紹介した、ゼログラムの『スルーハイカーシステムクロスバッグ』です。横長のデザインが特徴的ですね。

ZEROGRAM Thru Hiker System Cross Bag ¥5.800+税

耐久性と防水性に優れたX-Pacを全面に使っています。今回ご紹介しているサコッシュよりも少し値が高いだけあって、ひとつひとつのディティールにもこだわりが見てとれます。

前面のポケットは止水ジッパーを使い防水性を高めていますね。開きやすいように引手がついています。

ストラップは本体から取り外すことができ、コードは非常に丈夫なダイニーマを使う徹底ぶり。肩部分にはソフトパットがついていて負荷がかかりません。サイズ調整も楽にできるシステムを採用。

中は仕切りなしのシンプルなつくり。

他のモデルよりは値がはりますが、これだけ細部までこだわっていて5千円台はそこまで高くはないと思います。

横長のデザインで長財布も楽に持ち運びできるので、街使いにも有用ですね。

こちらはスタッフ綾井の私物で、今回は詳しく紹介しなかったグラナイトギアの『ハイカーサチェル』。「サコッシュは女子(おなご)の持ち物」とぬかしていたサコッシュビギナーの綾井ですが、すっかり最近は缶バッチアレンジをしてサコッシュまみれな生活を送っております。

長くなりましたが、皆さんも素敵なサコッシュライフを送ってくださ~い!

0コメント

  • 1000 / 1000