OUTING PRODUCTS ELK

AM11:00-PM8:00
※日・祝はPM7:00まで
火曜定休(祝日除く)

〒400-0047
山梨県甲府市徳行
4-13-9

TEL:055-222-1991
FAX:055-223-1992

Men’sマウンテンスタイルブログvol.2「目指せ北岳」

今回は前回と同じテーマ

「北岳小屋泊(一泊)」

でのスタイリングのメンズスタイルをご紹介していきます!

とその前に、先日「山小屋へようこそ」のイベントで

白根尾池小屋の高妻さんのお話はとても興味深いものでした。

山小屋の生活の紹介や美しい花や山岳風景の数々をお見せいただいた一方で、

山岳遭難の事例やそれに対処する小屋番さんの苦労を聞くと、

生半可な計画やオーバーワークな予定を組めません。

北岳へ行く場合、体力がよほどある方ではない限り一泊が基本ですね。

ペースによっては白根尾池小屋に2泊して予定を組む方も、

あくまで自分のペースを見極めて無理のない山行計画を立てましょう!

ではメンズのMSB(マウンテンスタイルブログ)始めていきます。

IMG_1402

まず上半身のレイヤリング(重ね着)ですが

速乾性のハーフジップTシャツに雨具で雨風から守るスタイル

北岳の稜線上に上がる前はよほど低温の日でない限り

カッパを着たまま行動は暑いですよね

なので晴れているときはカッパはザックの中へしまっていることが多いです

しかし朝晩の気温はかなり冷え込みますので、

別にダウンジャケットなどの防寒着は必携です

標高の高い場所へ行くので帽子、さらにサングラスがあったほうが

紫外線から身を守ってくれます

次にピックアップアイテムのご紹介です

IMG‗1433

finetrack ドラウトフォースジップネック ¥7.400(税別)

行動中に暑くなるとこのようにハーフジップで

体の蒸れや熱を換気できるものが便利です。

これは各ブランドから多くの種類のハーフジップTシャツが出ていますが、

今回はfinetrackファイントラックをチョイス

IMG_1417

patagonia メンズ クラウドリッジジャケット ¥30.000(税別)

次にアウターはパタゴニアからこの春に新登場したクラウドリッジジャケットをチョイス

こちらはパタゴニアのアンバサダーである花谷泰弘さんを中心に、

雨が多く湿度の高い日本の山岳気候に合わせて作られた商品です

高い透湿性(汗抜けが良い)と収納性、肌触りの良さと丈夫さのバランスが、

あらゆる季節の日本の山岳シーンの相棒として持っていきたいアウターですね

IMG_1413

SCARPA クリスタロGTX ¥25.000(税別)

登山靴はスカルパのハイエンドトレッキングブーツ、クリスタロGTXを

長時間の歩行も高いクッション性があり疲れにくいです

 

 

IMG_1422

THE NORTH FACE カイルス35 ¥24.000(税別)

最後にザックはノースフェイスの軽量トレッキングザック、カイルス35をチョイス

背面はメッシュパネルとなっており通気性に優れ、

夏の登山で背中が汗でビチョビチョで不快ということも防いでくれます

山小屋泊で35Lの容量は個人的にはちょうどいい大きさですね

今年の南アルプスの開山は6月23日からです

去年に比べて3000m級の稜線にはまだ雪が多く残っているでしょう

山の状況を行く前にしっかり把握して準備することが大事です

場合によっては泊まる山小屋に事前に登山道の状況を確認するのもよいでしょう

夏山シーズンまでまもなくとなってまいりました

安全登山を心掛けてこれからしっかり準備していきましょう!


 2017.5.24.更新

Copyright OUTING PRODUCTS ELK.